ここから本文です

【MLB】上原浩治は終盤戦の“切り札” 右腕の回復に「レ軍は勇気づけられる」

Full-Count 8月28日(日)14時58分配信

PO進出争うレッドソックス、復帰迫る上原の状態にファレル監督も手応え

 右胸筋を痛めて故障者リスト(DL)入りしているレッドソックスの上原浩治投手がシーズン終盤戦の“切り札”として期待されている。球団公式サイトが「レッドソックスはコウジの進捗に勇気づけられている」との見出しでレポートしている。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 41歳右腕は7月19日(日本時間20日)のジャイアンツ戦に登板した際に負傷。その後、リハビリを続け、今月中旬には遠投を行うなど復帰に向けて着実に前進している。

 記事では今月26日(同27日)にブルペンで50球以上を投じたことに触れつつ、打者に対する投球練習が近いこともレポート。ジョン・ファレル監督も「とてもよかった。53球、いい力の入れようだった。月曜日にもう1度ブルペン入りし、打撃練習形式の登板も近いはずだ。彼はここのところ、とても良好な経過を見せている」と話し、右腕の回復に手応えをつかんでいるという。

 チームは現在、ア・リーグ東地区で首位ブルージェイズと1ゲーム差の2位につけるなど、プレーオフ進出に向けて勝負所を迎えている。一時負傷離脱した守護神キンブレルは今月から復帰しており、今季セットアッパーとしてスタートした上原が戻ってくれば、さらなる追い風となる。記事でも「レッドソックスは8回を安定して任せられるリリーフ投手の存在がネックとなっており、ウエハラの復帰は9月において重要となってくるだろう」と大きな期待を寄せている。

 2013年のワールドシリーズ制覇でも守護神として大きく貢献した上原。今後の回復具合が注目される。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月28日(日)15時16分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]