ここから本文です

ホークス痛恨逆転負けで首位陥落危機 8回悪夢5失点、柳田4戦連発も及ばず

Full-Count 8/28(日) 16:33配信

試合終了時点で2位転落、日ハムが西武戦で引き分け以上なら首位陥落

 ソフトバンクが28日の本拠地ロッテ戦で5-7の逆転負けを喫した。これで連勝は2でストップ。再び首位陥落の危機に立たされた。

 初回、先発の岩嵜が角中に2ランを浴びて2点を先制されるも、3回に江川のソロ弾、中村晃、柳田のタイムリーで3点を奪い逆転に成功。5回には長谷川のタイムリーでリードを2点に広げた。

 しかし8回、3番手のスアレスがヒットと四球で1死一、二塁のピンチを招くとデスパイネのショート内野安打と今宮の一塁悪送球の間に失点。この際、一塁の内川が走りこんできたデスパイネと衝突し、負傷交代するアクシデントにも見舞われた。

 さらに代わった森福が鈴木に同点タイムリーを浴びると、直後、五十嵐に継投するも井口の犠牲フライで失点。田村にもタイムリー三塁打を許し、この回5失点で逆転を許した。

 9回には柳田の4試合連続本塁打となる17号ソロが飛び出したが、反撃はこの1点止まり。内川の負傷交代から一気に逆転を許したホークスはこの時点で日本ハムに勝率で下回り、2位となった。18時から始まる西武戦で日本ハムが引き分け以上なら、ソフトバンクは首位陥落となる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/28(日) 16:41

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]