ここから本文です

中日、6回逆転劇で連敗4でストップ 森野逆転打&堂上グランドスラム

Full-Count 8/28(日) 17:26配信

大野は8回途中2失点で7勝目、広島の連勝は4で止まる

 中日が28日の本拠地広島戦で7-5と逆転勝利し、連敗を4で止めた。

 中日・大野、広島・ヘーゲンズの両先発が5回まで無失点と好投。大野は6回、先頭のエルドレッドにソロ弾を被弾し先制点を献上したが、その裏、打線が爆発した。

 それまで1安打に封じられていたヘーゲンズに対して2四球とヒットで1死満塁の好機を作ると森野が逆転の2点適時打。再び満塁とした後、平田が犠牲フライを放った。さらに高橋が四球を選んで三度、満塁とすると、堂上が代わった薮田から5号グランドスラム。この回一挙7点を奪った。

 その後、8回に1点、9回に3点を失ったが、リードを死守して勝利。8回途中を9安打2失点と力投した大野が7勝目(7敗)を挙げた。

 一方、広島は5点を追う9回に丸の17号2ランなどで2点差まで詰め寄ったが、反撃も及ばず。相手の5安打を大きく上回る12安打を放ったが、6回の大量失点が響き、連勝は4で止まった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/28(日) 17:36

Full-Count