ここから本文です

マッケンロー 全米OPでラオニチに帯同しない旨を明かす<男子テニス>

tennis365.net 8/28(日) 19:09配信

全米オープン

29日から開幕する全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の男子シングルスで、四大大会初優勝を目指す第5シードのM・ラオニチ(カナダ)のコーチである元世界ランク1位のJ・マッケンロー(アメリカ)は、大会期間中コーチとして帯同しないことが明らかになった。

錦織ら全米オープン対戦表

今年のウィンブルドンからコーチの一員としてラオニチに帯同していたマッケンローは、同時にアメリカのスポーツ専門チャンネルESPNでテレビ解説者としても活躍している。

ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では決勝戦までラオニチの試合の解説はしていなかった。決勝戦では通常の分析以上の詳細に渡って解説を行っていた。

マッケンローは「ミロシュ(ラオニチ)のために、ESPN、そして自分自身のために」全米オープンでラオニチにコーチとして帯同しないと語った。

ESPNの代表であるJ・レイノルズは全米オープンを前に、テレビ放送が両者の関係に支障をきさない限り、マッケンローを解説者として起用する方針を明かしていた。

またマッケンローも26日に受けたインタビューで「ラオニチのコーチとしての役割をやめた方がベストである。その方が誰にとっても上手くいくだろう。他の選手達とも良い関係を持ちたいとも思っている」と自身の見解を語っていた。

7度の四大大会優勝を誇るマッケンローはラオニチに限らず、他のトップ選手ともオフシーズンを共に過ごし、指導する可能性は多大にあるとしながら、四大大会期間中は別だと話している。

マッケンローは全米オープン前、「最高の奴」と語るラオニチと共に時間を過ごしていた。

ラオニチには既に1998年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)覇者であるC・モヤ(スペイン)とR・ピアッティ、2人のコーチがついている。

25歳のラオニチは今年のウィンブルドンで、自身初の四大大会の決勝戦へ進んだ。惜しくも準優勝に終わったが、全米オープンではグランドスラム初優勝を狙う。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:8/28(日) 19:25

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]