ここから本文です

ブルペン陣崩壊で逃げ切り失敗 ホークス工藤監督「打たれるときもある」

Full-Count 8月28日(日)19時27分配信

サファテが復帰登板するも、内川が守備で負傷交代&左足首裂傷と左腕打撲

 28日、ソフトバンクはブルペン陣が2点のリードを守れず、5-7でロッテに敗れた。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 8回から投入したスアレスが1点を失うと、森福允彦が左の鈴木大地に同点打を浴び、続く五十嵐亮太は井口資仁に勝ち越し犠飛を許す。五十嵐はさらに田村龍弘に2点打を浴びるなど、3投手で一気に5点を失った。スアレスは前回登板(25日の楽天戦)でもリードを守れず、2試合連続の黒星で5敗目。工藤公康監督は、失点を重ねた3投手についてかばうようにこう話した。

「スアレスは、コンディショニングの問題ではないだろう。(前回登板から)まるまる2日空いているからね。ただ、前の試合のこともあるので精神的なものはあるのかもしれない。(森福と五十嵐は)打たれることもあるし、抑えることもある。とにかく(マウンドに)行ったときには全力を出してくれたらいい。もし打たれたら出した監督が悪いと思ってくれたらいい」

 また、その8回には内川聖一が一塁ベース上でデスパイネと交錯して負傷交代。左足首上部に裂傷があり、左腕は打撲の状態だという。交代後も病院には行かず、球場内で治療を続け

打線は復調の兆し、「打順を次へ次へと回していくことが大事」

 逆に、23日の楽天戦で右足を痛めたサファテが9回に登板。1安打を許したものの、無難なピッチングを見せた。「問題なかったし、ボールも良かった。その点は良かったよ」と工藤監督。

 同一カード3連勝はならなかったが、打線は復調の兆しを見せた。3回には1死から本多雄一に犠打のサインを出し、2死二塁から得点を奪うなど、1点にこだわる采配も見せた指揮官。

「2アウトになるが、柳田くんは当たっているし、内川くんも追い込まれてからいいバッティングをしていたからね。ああやって打順を次へ次へと回していくことが大事なんだ」と采配の意図を語った。

 内川のケガの状態は気になるが、29日に試合がないのは救い。火曜日から1週間ビジターでの試合が続くが、ブルペンに負担をかけないくらいの猛攻を期待したいところだ。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:8月28日(日)19時39分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]