ここから本文です

また伝統の7番がいらなくなってしまった…… マンUが完全に埋もれる7番売却へ

theWORLD(ザ・ワールド) 8月28日(日)12時40分配信

モウリーニョの構想にも入れず

昨夏オランダのPSVからマンチェスター・ユナイテッドに加入したFWメンフィス・デパイは、欧州で最も期待される若手選手の1人だった。当時指揮を執っていたルイ・ファン・ハールもオランダ代表を指揮していた際にデパイを高く評価しており、このオランダ人指揮官の下でデパイはさらに成長すると思われた。

期待を込めて背番号もマンUにとって特別な7番だったが、昨季は想像以上に苦しいシーズンに。自分よりも若いアントニー・マルシャル、マーカス・ラッシュフォードが大ブレイクし、7番の存在感はどんどん薄くなってしまった。

そして英『Telegraph』は、現在マンUを率いるジョゼ・モウリーニョがデパイの放出にGOサインを出していると伝えた。現在も左サイドはマルシャルが担当しており、今夏にはドルトムントからヘンリク・ムヒタリアンまで加わっている。デパイがここからポジションを奪取するのはかなりハードルが高いだろう。

同メディアによると、マンUはデパイ獲得時に支払った2500万ポンドに近い金額のオファーが届けば売却を検討すると伝えられており、必要不可欠な選手とは思われていないようだ。仮に退団すれば再び7番が空くことになり、クリスティアーノ・ロナウド退団時からの7番の呪いは続くことになる。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月28日(日)12時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]