ここから本文です

「このままでは残留争いすることになる」 昇格組との2連戦で白星なしのアトレティコFWに焦り

theWORLD(ザ・ワールド) 8月28日(日)15時40分配信

まさかのドローが続く

開幕戦から昇格組のアラベス、レガネスと対戦する予定だったアトレティコ・マドリードは、楽に連勝スタートを切るかと思われた。しかしアラベス戦では試合終了間際に同点ゴールを許して引き分け、今節のレガネス戦もまさかのスコアレスドローに終わった。

一方で優勝を争うレアル・マドリードは開幕2連勝を飾っており、すでに勝ち点差が4もついてしまった。リーガ・エスパニョーラにおける4点差は非常に重い。スペイン『MARCA』によると、アトレティコFWアントワーヌ・グリーズマンもまさかのスタートに焦っているようで、このままでは残留争いをすることになると喝を入れた。

「もし僕たちがこれを継続するなら、僕たちは残留争いをすることになるよ。僕たちは目を覚ます必要があるし、できるだけ早く自分たちの戦いを取り戻さないとね」

開幕2試合で勝利を収められなかったのは指揮官がディエゴ・シメオネになってから初めてのことで、しかもその相手が明らかな格下というのは不安材料だ。グリーズマンら主力がEUROの影響を受けていたのも影響しているが、アトレティコはここから優勝争いに戻っていけるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月28日(日)15時40分

theWORLD(ザ・ワールド)