ここから本文です

新たな野球ファン創出へ 「職業体験」が生み出す「相乗効果」

Full-Count 8/28(日) 21:14配信

PLMが企画した職業体験、その成果は?

 8月16日から18日、23日から25日の合計6日間、小中学生向けの「パ・リーグキッズ」デー、野球好き女子向け「パ・リーグ女子」デー、野球男子向け「パ・リーグおにいさん」デーと、幅広い世代のファンを「パ・リーグデジタルメディアセンター」に招いての職業体験がパシフィックリーグマーケティング株式会社(以下PLM)によって企画、実施された。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 私もメジャーリーグ球団で2年間インターンを経験した後にキャリアをスタートさせる幸運に恵まれたことから、PLMが実施する職業体験で参加者がどのような経験を得るのかということに大変興味があった。8月17日に実施された「パ・リーグ女子」デーに実際に足を運び、その様子を見学させていただいた。

 この日は女子3名が参加し、この体験のためにはるばる奈良からやってきた参加者もいた。今回の参加者の中では北海道日本ハム・大谷翔平選手に対して3人中2人がファンであると公言し、もう1名は埼玉西武の武隈祥太投手のファンだった。なぜ武隈投手のファンとなったのかについて問いかけてみると、西武プリンスドームの試合観戦に訪れた際にブルペンで準備をする武隈投手とたまたま目が合い、そのことがきっかけで武隈投手のファンになったという。ファンに球場へ足を運んでもらうことの大切さを実感するようなエピソードだ。

 この日パ・リーグは2試合のみの開催だったが、試合開始2時間前の16時に職業体験は開始された。まずはPLMが設立されたきっかけや、パ・リーグTVとは何かという紹介から始まり、実際にメディアセンターで行う業務についての説明がスタートした。

 その後は職業体験へと移り、まずは動画制作担当が指導する動画編集制作の体験が始まった。担当者がどういった意図を持って動画を制作しているか、どのような点で難しさを感じるかについての話を聞いた後、それぞれが好きな選手を選び、自ら手を動かして動画を編集制作する。その楽しさと難しさを同時に肌で感じながら、業務に取り組んでいった。さすがはスマートフォンやパソコンに慣れた世代の女子たちであり、作業の覚えも早かった。

1/2ページ

最終更新:8/28(日) 21:26

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革