ここから本文です

名将グアルディオラが称賛する意外な指揮官とは 「彼はリヴァプールで最もリーグ制覇に近づいた人物」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月28日(日)21時20分配信

チャンピオンズリーグでは同組に

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラは、現在世界トップレベルの指揮官と言われている。そのグアルディオラが意外にも高い評価を下しているのが、セルティックを率いるブレンダン・ロジャースだ。

ロジャースといえば、リヴァプールを率いて2013-14シーズンに優勝争いを演じた指揮官だ。しかしルイス・スアレス退団後は苦しくなり、個の能力に頼っていたのではないかとスタイルを植え付けられなかったことに批判的な意見も出ていた。

しかし英『Daily Mirror』によると、グアルディオラはロジャースのファンなのだという。グアルディオラはロジャースのクオリティは間違いないと語り、チャンピオンズリーグで同組となったセルティックを警戒していることをアピールした。

「私はブレンダンのクオリティを疑ってはいないよ。彼はここ25年リヴァプールを指揮した中で最もリーグ制覇に近づいた人物で、経験も豊富だからね。ブレンダンはスコットランドでも良いスタートを切ったし、チャンピオンズリーグでもプレイオフ突破の最初のステップを踏んでいる」

ロジャースはリヴァプールから追い出される格好となってしまったが、優勝に最も近かったのは事実だ。チャンピオンズリーグではグアルディオラ率いるマンCと対戦することになるが、世界最高クラスの名将からの称賛にふさわしい戦いを見せて欲しいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月28日(日)21時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報