ここから本文です

[移籍]ミラン、得点能力が高いクロアチア代表MFをチェルシーからレンタル移籍で獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 8月28日(日)21時50分配信

3度目のレンタル移籍

ミランは27日、チェルシーからクロアチア代表MFマリオ・パシャリッチをレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年となっている。

現在21歳のパシャリッチはクロアチア代表の各年代でプレイ。2014年9月には、当時19歳ながらフル代表デビューを果たしている。一方、クラブでは2013年に母国クロアチアでプロデビュー。2013-14シーズンは36試合に出場し、11ゴールを挙げる活躍を見せた。すると、若き逸材に目をつけたチェルシーが2014年夏に獲得。移籍初年度はエルチェへ、2年目はモナコへレンタル移籍をしていた。昨季過ごしたモナコでは公式戦29試合に出場し、7ゴールを挙げている。

そんなパシャリッチはクラブの公式サイトを通じて「僕はとても気分が良い。世界に誇るビッグクラブの一員になれたことをとても誇りに思っているよ。ファンにも感謝している。クラブや彼らのために僕は全力を尽くすことを誓う。すばらしいシーズンになることを願っているよ。フォルツァミラン」と移籍の喜びを語った。

チェルシーへ移籍後、3季連続でレンタル移籍をすることとなったパシャリッチ。レンタル先で結果を残し、少しでも早く身を落ち着かせたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月28日(日)21時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。