ここから本文です

ホンダ「アロンソのPUを再度交換へ。予選強行は判断ミスだった」/ベルギー土曜

オートスポーツweb 8月28日(日)7時18分配信

 2016年F1ベルギーGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはトラブルのため1周も走れずノータイム、ジェンソン・バトンは9位だった。

2016年第13戦ベルギーGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 アロンソは、FP3で油圧低下のトラブルに見舞われ、油圧の調整をして予選に臨んだが、Q1でコースに出た直後に問題が再発、マシンをコース脇に止めなければならなかった。トラブルの原因は土曜時点では不明。

 すでに金曜に6基目のパワーユニットを導入しているが、チームは決勝に向けてさらなるエレメント交換を行う見込み。英AUTOSPORTは、ICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kを交換する予定だと報じている。その場合、すでに35グリッド降格が決まっているアロンソは、さらなるペナルティを受けることになる。

 なお、予選でタイムを記録していないアロンソに対し、FIAは決勝出走の許可を出している。


■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 ふたりの明暗が分かれた予選になりました。ですがまずはポジティブな面に目を向けると、ジェンソンは予選で素晴らしい走りをし、パワーが重要なスパで9位を獲得しました。パワーユニットのアップデートが予想どおりの効果を発揮したことの証です。夏の間、パワーユニットの開発とエンジニアリングに取り組んできた、さくらとミルトン・キーンズのスタッフ全員に感謝します。

 一方、フェルナンドにとっては難しい一日になってしまいました。FP3の最終ラップで彼のICEに油圧低下が見られました。セッション終了直後に問題の調査を始め、データをチェックし、メンテナンスをし、リスクを理解した上で、予選で走らせるという判断をチームとして下しました。残念ながら油圧は維持されず、Q1のランを始めた直後にマシンを止めなければならなくなりました。

 問題の原因は今も調査中です。フェルナンドと彼のチームにとって非常に残念な結果になりました。彼らは今週末、懸命に努力を重ねてきたにもかかわらず、ほとんどセットアップの時間もとれず、その上、(グリッド降格)ペナルティを科されるのです。

 明日のレースは難しいものになるでしょうが、いつもどおりベストを尽くして戦います。

(英AUTOSPORTに対して語り)今朝、油圧の低下が見られたため、走行をストップしなければなりませんでした。データをチェックし、油圧を調整しましたが、予選で走ることにはリスクがありました。(走行しようとしたのは)私の判断ミスです。よくありませんでした。明日に向けてエンジンを交換する必要があります。

(F1iに対して語り)3つめのエンジンを導入するつもりです。
 金曜のトラブルはタービンからの水漏れで、(土曜のトラブルはそれとは)全く別物です。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月28日(日)8時0分

オートスポーツweb