ここから本文です

アロンソ「500mで終わった予選。この辛い経験を来年必ず生かさなければ」: ベルギー土曜

オートスポーツweb 8/28(日) 15:26配信

 2016年F1ベルギーGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはトラブルのため1周も走れずノータイムに終わった。

2016年第13戦ベルギーGP土曜 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 アロンソは、FP3で油圧低下のトラブルに見舞われ、油圧の調整をして予選に臨んだが、Q1でコースに出た直後に問題が再発、マシンをコース脇に止めなければならなかった。トラブルの原因は土曜時点では不明。

 すでに金曜に6基目のパワーユニットを導入しているが、チームは決勝に向けてさらなるエレメント交換を行う見込み。英AUTOSPORTは、ICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kを交換する予定だと報じている。その場合、すでに35グリッド降格が決まっているアロンソは、さらなるペナルティを受けることになる。

 なお、予選でタイムを記録していないアロンソに対し、FIAは決勝出走の許可を出している。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
フェルナンド・アロンソ 予選=ノータイム
 FP3の後、問題があることに気付いた。でも予選までに本格的な調査をするだけの時間がなく、結果的に予選では500メートル走っただけでマシンを止めなければならなかった。

 今できるのは、決勝ではこれ以上問題に見舞われることなく完走できるよう、全力を尽くすことだけだ。

 今週末は僕にとって困難な展開になっている。ジェンソン(・バトン)は同じ新しい仕様のPUを使っているのに、全くトラブルは出ていない。だから僕は少し不運だけど、仕方ないね。

 新仕様のPUに関しては、昨日に引き続き、僕はほとんど走っていないので前の仕様との比較はできない。でも正しい方向に向かっていると思う。ジェンソンの結果がそれを示している。

 そういう時に信頼性の問題が発生するなんて辛いけど、これも学習プロセスの一環だ。自分たちのやるべきことは分かっている。PUの中の過度に脆弱な部分を見つけ出し、それを強化し、来年はトップで戦う力のある強力なPUを作り出さなければならない。



 ジェンソンは予選ですごくいい結果を出して、マシンの力を示した。僕はFP3で10位(に近い位置)だった。このサーキットの特性からして、これには少し驚いた。

 去年はポールポジションから3.7秒差だったのに、今年は1.3秒差だ。この進歩は驚くべきものだ。ライバルたちだって前進し続けているのだから。

(去年から)大きく改善した。来年のことを考えると、これはとてもいいニュースだよ。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/28(日) 15:37

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。