ここから本文です

バトン「望外の9位にすっかり有頂天!ホンダが進歩し今季ベストの予選に」:ベルギー土曜

オートスポーツweb 8月28日(日)15時27分配信

 2016年F1ベルギーGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは9位だった。

2016年第13戦ベルギーGP土曜 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ジェンソン・バトン 予選=9位
 9位という結果にはとても満足している。スパは僕らのクルマにとってはきついサーキットなので、こんな結果を出せるとは予想していなかった。自分がいい仕事をしたときにはそれが分かるものだが、まさに今日、僕はそう感じた。

 決勝で上位には近づけないだろうけど、僕らはレースペースの方が予選ペースより優れているはずなので、周囲のグリッドからスタートするクルマと戦っていく。

 今週末、チームは素晴らしい仕事をしてくれている。ホンダは新しいパワーユニットを持ち込んできた。確かな改善が成し遂げられている状況にある。ここでの予選でここまで上位に来ることができるなんて思っていなかった。チーム全員に敬意を示したい。素晴らしい進歩だ。

 僕らにとって今シーズンここまででベストの予選だと思う。

 
 今日はマシンの力を100パーセント引き出した。こんな結果を出すことができて、すっかり有頂天になっている。
 ホンダの新しいパワーユニットには間違いなく改善を感じる。素晴らしい進歩だよ。

 自分のラップにも大満足だ。2012年にここでポールポジションを取った時みたいだ。実際、それよりいい走りをしたと思うぐらいだよ。

 ロングランペースはまずまずなので、ウイリアムズと戦えるはずだ。フェラーリの一台ともポジションを争えるかもしれない。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月28日(日)15時39分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。