ここから本文です

グティエレス「コミュニケーションミスでペナルティを受ける羽目に」:ハースF1 ベルギー土曜

オートスポーツweb 8/28(日) 12:36配信

 2016年F1ベルギーGPの土曜予選で、ハースF1のロマン・グロージャンは11位、エステバン・グティエレスは13位だった。

F1最新フォトコーナー

 グティエレスはFP3でパスカル・ウェーレインを妨害したとして5グリッド降格のペナルティを受けた。

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 予選=11位
 予選でマシンは好調だった。サマーブレイク前に大きな進歩を成し遂げていたから、マシンにより満足できる状態だ。

 まだいくらか改善の余地はあるけれど、全体的に見て、予選結果としては悪い位置ではない。

 レースでは、他のチームほど困難ではないと思っている。積極的な良い戦略を立てて、ポイント獲得に役立てられると良いね。

エステバン・グティエレス 予選=13位
 チームは本当に頑張ってくれた。マシンのセッティングに悩まされていたんだけど、最適なバランスを得ることができた。

 路面温度が高く、タイヤに関する状況が複雑だったことを考えると、予選では進歩があったように思う。

 FP3では(チームとの)コミュニケーションでミスがあり、5グリッド降格という非常に痛いペナルティを受けることになったけれど、何とか気持ちを切り替えるよ。失ったポジションを取り戻すべく、レースが始まったら全力で走る。そして、トップ10に入れるよう戦い続ける。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/28(日) 13:13

オートスポーツweb