ここから本文です

ウイリアムズ 「ソフトウエアのトラブルにより予選モードで走れず」:ベルギー土曜

オートスポーツweb 8/28(日) 13:25配信

 2016年F1ベルギーGPの土曜予選で、ウイリアムズのフェリペ・マッサは10位、バルテリ・ボッタスは8位だった。

F1最新フォトコーナー

 ヘッド・オブ・パフォーマンスエンジニアリングのロブ・スメドレーは、予選の初めからパワーユニットのソフトウエアのトラブルで予選モードで走ることができず、そのため本来獲得できたはずのポジションに届かなかったと述べている。

■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
フェリペ・マッサ 予選=10位
 Q1でソフトウエアのトラブルが発生し、それによってミスファイアが起きた。そのために1周をうまくまとめることができなかった。このことが予選に大きく影響した。Q3ではスーパーソフトが1セットしかなく、最後のラップにすべてをかけたのだが、ターン1への進入でフロントをロックしてしまい、大量にロスした。がっかりだ。

 Q3でタイヤが2セットあったら、かなり助かっただろうけど、タイヤがなかったために、いくつかポジションを失うことになった。

 でも明日何ができるかを見ていくよ。マシンにも、バランスにも、予選のラップタイムにも満足しているんだ。

バルテリ・ボッタス 予選=8位
 問題に見舞われながらの予選になってしまった。ソフトウエアのトラブルが起きたんだ。それを考えれば、やれるだけのことをやったと思う。
 トラブルのせいでトップ6の位置を逃すことになり、残念だ。

 でも結局のところ肝心なのは明日のレースだ。今日、マシンの感触はよくなっていたから、すでに進歩しているということだ。プラクティスで走ったロングランから見て、レースペースはよさそうだから、今日は完璧な結果を出せなかったけれど、明日はいいレースができると思う。

 予選で最適なモードで走れなかったため、0.3秒ぐらいロスしたと思う。(本来ならフォース・インディアに)勝つことができた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/28(日) 13:26

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]