ここから本文です

マグヌッセン「うれしい驚き。予想していたより速かった」:ルノー ベルギー土曜

オートスポーツweb 8/28(日) 15:00配信

 2016年F1ベルギーGPの土曜予選で、ルノーのケビン・マグヌッセンは12位、ジョリオン・パーマーは14位だった。

F1最新フォトコーナー

■ルノー・スポール・フォーミュラ1チーム
ケビン・マグヌッセン 予選=12位
 今日は予想以上の速さを発揮することができた。うれしい驚きだ。完璧なラップではなく、ターン1でロックアップして、大きくロスした。これで終わったと思ったけれど、そのままプッシュし続けてそのラップを走り終え、それなりにいいタイムを記録することができた。

 12番手を獲得できた上に、多少余裕もあるから、明日のレースには期待を感じる。

ジョリオン・パーマー 予選=14位
 今日のパフォーマンスにはすごく満足している。2戦連続でQ2に進めたんだ。しかも昨日は苦しんでいたのにそこから状況を好転させただけに、より一層うれしい。

 2戦連続ということで、ホッケンハイムがたまたまだったわけじゃないということ、僕らが本当に進歩していることを証明できた。

 明日のレースには予想できない要素がたくさんある。気温がとてつもなく高く、タイヤのデグラデーションは予想以上にひどい。でも僕らには有利な点がある。トップ10のドライバーたちはユーズドタイヤでスタートするけど、僕らは新品セットを装着できる。

 決勝が楽しみで仕方ない。可能ならトップ10に何とか入り込みたいね。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/28(日) 15:36

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]