ここから本文です

ベルギーGPは波乱に次ぐ波乱、マグヌッセンの大クラッシュにより赤旗中断

オートスポーツweb 8月28日(日)21時34分配信

 F1ベルギーGPはスタート直後から、波乱が続いている。

 ポールポジションのニコ・ロズベルグがトップを守り、フェラーリが好スタートを決めたが、1コーナーで接触事故が発生。イン側にマックス・フェルスタッペン、隣にキミ・ライコネン、アウト側にセバスチャン・ベッテルという位置関係で、両側を挟まれたライコネンはフェルスタッペン、ベッテルともに接触を喫してしまった。ダメージを負ったライコネンはピットに入り、1周遅れと大きく後退する。

 2周目にカルロス・サインツJr.の右リヤタイヤがパンクしてスピン。タイヤのトラブルによってリヤウイングも脱落してしまい戦線離脱となり、ここでバーチャル・セーフティカー(VSC)が導入される。ジェンソン・バトンとパスカル・ウェーレインもストップ。20番グリッドにつくはずだったが、トラブルによりピットレーンからのスタートとなったマーカス・エリクソンも早々にレースを終えている。

 そして6周目、ケビン・マグヌッセンがオー・ルージュで挙動を乱して大クラッシュを喫し、セーフティカーが導入された。マグヌッセンはコクピットから脱出し、やや足がふらついているものの自力で歩いており、幸い大事には至らなかった。

 しばらくセーフティカー先導で走行が続いたが、タイヤバリアの修復に時間がかかるため赤旗が提示された。レースは44周のうち、10周の時点で中断となっている。



赤旗中断時点の順位は以下のとおり。

1位 ニコ・ロズベルグ
2位 ダニエル・リカルド
3位 ニコ・ヒュルケンベルグ
4位 フェルナンド・アロンソ
5位 ルイス・ハミルトン
6位 フェリペ・マッサ
7位 セルジオ・ペレス
8位 ダニール・クビアト
9位 ジョリオン・パーマー
10位 ロマン・グロージャン
11位 セバスチャン・ベッテル
12位 バルテリ・ボッタス
13位 エステバン・グティエレス
14位 マックス・フェルスタッペン
15位 エステバン・オコン
16位 フェリペ・ナッセ
17位 キミ・ライコネン


[オートスポーツweb ]

最終更新:8月29日(月)0時52分

オートスポーツweb