ここから本文です

井口「チームとドライバーがノーミスで得た優勝」。山内「諦めず全力でプッシュできた」

オートスポーツweb 8/28(日) 22:34配信

 28日に行われたスーパーGT第6戦鈴鹿の決勝レースで、GT300クラスを制したSUBARU BRZ R&D SPORTの井口卓人と山内英輝が、決勝の戦いを振り返った。

●GT300クラス優勝:SUBARU BRZ R&D SPORT

山内英輝
「スタートから2位に上がって、そのあとは18号車(UPGARAGE BANDOH 86)についていくのでいっぱいいっぱいでした。その後、接触があったりして順位が下がってしまったのですが、そこで諦めず全力でプッシュした結果、優勝することができたので、本当によかったです」

「自分のスティントではリヤタイヤ2輪交換だったのですが、井口(卓人)選手がフロントタイヤをしっかりと残してくれたので、このような戦略が使えたと思っています。井口選手、スバルファンのみなさん、そしてチームに感謝しています」

「タイともてぎは今までどおりポイントを得られればシリーズチャンピオンを獲れると思うので、この流れで頑張っていきたいと思います」

井口卓人
「あまりフロントは残したつもりはありませんが(笑)。山口選手がスタートからすごく良い流れを作ってくれました。自分に交代した1周目に0号車(GAINER TANAX GT-R)と接触してスピンしてしまったときは、1000kmが終わってしまったと諦めていました。ですが、クルマに問題はなく、その後も良いペースで走れていました」

「途中セーフティカーがラッキーなタイミングで入ったので、上位に行くことができました。チームがノーミスで頑張ってくれて、ドライバーもノーミスで走れたので、この結果が得られたのだと思います」

「スバルに乗るようになって、パートナーが山内選手に変わってから勝てていなかったので、本当にうれしいです」

「タイはウエイトが重いですが、得意なサーキットだと思うのでしっかり高ポイントを獲り、最終戦もてぎに向けて準備ができればと思います」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/29(月) 0:13

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。