ここから本文です

朝日ら引退選手の功績たたえる カターレ・レジェンドマッチ

北日本新聞 8月28日(日)18時18分配信

 昨季限りで現役を引退した朝日大輔さんらカターレ富山のOBが集結して試合をする「レジェンドマッチ」が28日、富山市南中田の県総合運動公園陸上競技場であり、詰め掛けた観客約千人が懐かしいOBの雄姿に声援を送った。

 過去の中心選手らの功績をたたえようと、カターレが初めて実施。前身のYKK時代から昨季までカターレ一筋を貫き、今季からトップチームのコーチを務める朝日さんの他、これまでの主力選手や初代監督の楚輪博さん、スタッフら計28人が参加した。

 2チームに分かれ、30分ハーフで試合を行った。ゲームは終始和やかなムードで進み、朝日さんはハットトリックを記録。ゴールを決めるたび、ピッチ上の選手全員が集まり、喜びを分かち合った。

 試合後、2014、15年に引退した朝日さん、御厨貴文さん、吉川健太さん、山本祥輝さんの4人の引退セレモニーがあり、家族から花束を受け取った朝日さんは「今後もカターレのために働き、夢に向かって走り続けたい」とサポーターにあいさつした。

北日本新聞社

最終更新:8月28日(日)18時18分

北日本新聞