ここから本文です

宇佐美は終盤にブンデス再デビューも アウクスブルクは開幕戦を落とす

SOCCER KING 8月28日(日)0時22分配信

 ブンデスリーガ第1節が27日に行われ、日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウクスブルクと、ヴォルフスブルクが対戦した。宇佐美はベンチスタートとなった。

 昨シーズン、リーグ戦とヨーロッパリーグ(EL)という二足の草鞋を履いたアウクスブルクは、序盤からブンデスリーガで低迷し、一時は最下位も経験。降格の危機に瀕したものの、シーズン終盤には3連勝などもあり、最終的には14位で残留を果たした。今シーズンも第一目標は残留だが、14-15シーズンのように上位進出も目指したいところだ。一方、6シーズンぶりにチャンピオンズリーグ(CL)を戦ったヴォルフスブルクは、過密日程に耐えられずにリーグ戦で低迷。CLだけでなく、ELの出場権も逃してしまった。今シーズンは再びCL出場権争いに加わりたい。

 アウクスブルクはアイスランド代表FWアルフレッド・フィンボガソン、ブラジル人MFカイウビー、パラグアイ人FWラウール・ボバディージャらが前線に入り、宇佐美はベンチスタート。ヴォルフスブルクはFWバス・ドストが1トップに入り、トップ下には新戦力のMFダニエル・ディダヴィが入った。

 最初にチャンスを作ったのはヴォルフスブルク。12分、エリア手前でボールを持ったユリアン・ドラクスラーが右足ミドルシュート。しかし、ここはGKマルヴィン・ヒッツの正面だった。

 30分、アウクスブルクがようやくシュートを放つ。敵陣中央でパスを受けたク・ジャチョルが右足でミドルシュート。しかし、ここは枠の上に大きく外れてしまった。さらに32分、ロングボールがエリア内左に入ると、カイウビーが頭で落としてク・ジャチョルへ。ク・ジャチョルがこれを落とし、カイウビーがボレーシュートを放ったが、ここも枠を捉えることはできなかった。

 スコアが動いたのは35分。ヴォルフスブルクは左サイドのダニエル・カリジュリがドリブルで縦へ突破する。エリア左横から低く速いクロスを入れると、ドストがポストプレーで落とし、最後はディダヴィが左足ダイレクトシュート。これがゴール左上隅に決まり、ヴォルフスブルクが先制した。このままヴォルフスブルクが1点をリードしてハーフタイムを迎えた。

 アウクスブルクは後半に入ってもなかなかチャンスを作れない。82分、ク・ジャチョルに替えて宇佐美を左サイドに投入。さらに、84分にはドミニク・コールを下げてハリル・アルティントップを投入した。

 しかし、89分、ヴォルフスブルクがペナルティアーク付近でFKを獲得すると、リカルド・ロドリゲスが左足で直接シュート。壁の内側を狙った低い弾道にGKヒッツは反応しきれず、ヴォルフスブルクが決定的な追加点を奪った。このまま2-0でヴォルフスブルクがアウクスブルクを下した。宇佐美は82分から途中出場したものの、チャンスに絡むことはできなかった。

 9月11日に行われる次節、アウクスブルクは敵地でブレーメンと、ヴォルフスブルクはホームでFW大迫勇也が所属するケルンと対戦する。

【スコア】
アウクスブルク 0-2 ヴォルフスブルク

【得点者】
0-1 35分 ダニエル・ディダヴィ(ヴォルフスブルク)
0-2 89分 リカルド・ロドリゲス(ヴォルフスブルク)

SOCCER KING

最終更新:8月28日(日)0時32分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]