ここから本文です

香川フル出場のドルト、エース2発で開幕戦白星 マインツ武藤は終盤に今季初ゴール

SOCCER KING 8月28日(日)0時30分配信

 ブンデスリーガ第1節が27日に行われ、日本代表MF香川真司所属のドルトムントと、同FW武藤嘉紀所属のマインツが対戦した。

 バイエルンのリーグ5連覇阻止に挑む昨シーズン2位のドルトムントは、新鮮力のDFマルク・バルトラ、MFアンドレ・シュールレらに加え、香川も公式戦3試合連続で先発に名を連ねた。一方、昨シーズン6位と躍進したマインツは武藤がベンチスタート。武藤とのポジション争いが予想されるFWジョン・コルドバも負傷によりメンバー外となり、MFユヌス・マッリやMFファビアン・フライらがスタメン起用された。

 ドルトムントは17分、右サイドからウスマン・デンベレがクロスを供給し、ファーサイドのシュールレが落とすと、中央のピエール・エメリク・オーバメヤンが右足ダイレクトで合わせる。シュートはGKに阻まれたが、このプレーで得た左CKをショートでリスタートすると、シュールレが右足で上げたクロスをエリア内右に走り込んだオーバメヤンがヘディングでゴール左に流し込み、ドルトムントが先制に成功した。

 1点を追うマインツは26分、エリア手前左でボールを持ったF・フライが左足でミドルを狙う。シュートは枠の左隅を捉えたが、ここはGKロマン・ビュルキの好セーブに阻まれた。30分にはエリア内左で受けたカリム・オニシウォがフェイントでDFをかわして右足でシュートを放ったが、再びGKビュルキに止められ、得点とはならない。

 試合の主導権を握るドルトムントは42分、左サイドのシュールレがクロスを供給し、ファーサイドのオーバメヤンが高い打点のヘディングシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。前半はこのまま1-0で折り返す。

 後半に入り48分、マインツは浮き球のスルーパスでディフェンスラインの裏に抜けだしたクリスティアン・クレメンスが決定機を迎えたが、右足で放ったシュートは大きく枠の上に外れた。

 終盤に差し掛かった81分、マインツはクレメンスに代えて武藤をピッチへ送り出す。直後の82分、ドルトムントはエリア手前左の好位置で得たFKをシュールレが直接狙ったが、シュートは壁にブロックされてしまった。

 ドルトムントは89分、カウンターを仕掛けると、右サイドからドリブルでエリア内に侵入したシュールレが相手DFに倒されてPKを獲得。これをオーバメヤンがきっちり決めてリードを2点に広げた。

 諦めないマインツは後半アディショナルタイム2分、右サイドから攻撃を仕掛けると、パブロ・デ・ブラシスのクロスをゴール前の武藤がヘディングで叩き込み、1点を返す。だが、残り2分で同点に追いつくことはできず、試合は2-1で終了。ドルトムントが開幕戦を白星で飾った。なお香川はフル出場、武藤は81分からプレーした。

 次節、ドルトムントは9月10日に敵地でライプツィヒと、マインツは同11日にホームでホッフェンハイムと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 2-1 マインツ

【得点者】
1-0 17分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
2-0 89分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK)(ドルトムント)
2-1 90+2分 武藤嘉紀(マインツ)

SOCCER KING

最終更新:8月28日(日)0時37分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]