ここから本文です

川崎と浦和がそろって敗戦 2ndステージの優勝争いが混戦模様に/J1・2nd第10節

SOCCER KING 8/28(日) 0:54配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第10節が27日に各地で行われた。

 前節、浦和レッズとの直接対決を制して首位の座を取り返した川崎フロンターレは、ホームで柏レイソルと対戦。開始5分までに2失点を喫した川崎は、17分に1点を返したものの、再び2点を追加され、前半を3点のビハインドで折り返す。後半は終始敵陣に押し込んだが、カウンターから5点目を奪われると、反撃は1点にとどまり、2-5で敗れた。

 2位浦和は敵地でヴィッセル神戸と対戦。33分にペドロ・ジュニオールに先制点を奪われた浦和は、54分にも渡邉千真にゴールを許し、2点を追いかける展開に。78分にズラタンが決めて1点差に詰め寄ったが、このまま2-1でタイムアップを迎え、痛恨の2連敗となった。一方の神戸は3連勝を達成している。

 上位2チームが揃って敗れた一方、サガン鳥栖、ガンバ大阪、神戸、柏が白星を挙げたことで、首位から6位までの勝ち点差がわずかに「3」と、セカンドステージの優勝争いが混戦模様となっている。

 そのほかの結果は以下のとおり。

■J1 2nd第10節結果
▼アビスパ福岡 2-3 ジュビロ磐田
得点
0-1 9分 アダイウトン(磐田)
1-1 16分 城後寿(福岡)
2-1 60分 為田大貴(福岡)
2-2 63分 アダイウトン(磐田)
2-3 69分 パパドプーロス

▼ヴァンフォーレ甲府 2-2 大宮アルディージャ
得点
1-0 19分 保坂一成(甲府)
1-1 44分 ドラガン・ムルジャ(大宮)
1-2 81分 マテウス(大宮)
2-2 90+2分 黒木聖仁(甲府)

▼名古屋グランパス1-1 FC東京
得点
1ー0 45分 野田隆之介(名古屋)
1ー1 90+1分 中島翔哉(FC東京)

▼湘南ベルマーレ 1-2 ガンバ大阪
得点
1-0 3分 三竿雄斗(湘南)
1-1 26分 長沢駿(G大阪)
1-2 64分 長沢駿(G大阪)

▼ベガルタ仙台 0-2 サンフレッチェ広島
得点
0-1 30分 青山敏弘(広島)
0-2 78分 柴崎晃誠(広島)

▼川崎フロンターレ 2-5 柏レイソル
得点
0-1 4分 ディエゴ・オリヴェイラ(柏)
0-2 5分 ディエゴ・オリヴェイラ(柏)
1-2 17分 森谷賢太郎(川崎)
1-3 29分 茨田陽生(柏)
1-4 32分 ディエゴ・オリヴェイラ(柏)
1-5 75分 中川寛斗(柏)
2-5 82分 三好康児(川崎)

▼横浜F・マリノス 2-2 鹿島アントラーズ
得点
0-1 28分 鈴木優磨(鹿島)
1-1 45分 伊藤翔(横浜FM)
2-1 81分 齋藤学(横浜FM)
2-2 85分 ファブリシオ(鹿島)

▼ヴィッセル神戸 2-1 浦和レッズ
得点
1-0 33分 ペドロ・ジュニオール(神戸)
2-0 54分 渡邉千真(神戸)
2-1 78分 ズラタン(浦和)

▼サガン鳥栖 1-0 アルビレックス新潟
得点
1-0 64分 豊田陽平(鳥栖)

■J1 2nd第10節順位表(カッコ内の順位は年間順位)
1位 川崎(1位)(勝ち点22/得失点差10)
2位 浦和(2位)(勝ち点22/得失点10)
3位 鳥栖(10位)(勝ち点21/得失点6)
4位 G大阪(5位)(勝ち点20/得失点7)
5位 神戸(9位)(勝ち点19/得失点7)
6位 柏(6位)(勝ち点19/得失点4)
7位 横浜FM(8位)(勝ち点17/得失点7)
8位 広島(4位)(勝ち点17/得失点6)
9位 鹿島(3位)(勝ち点14/得失点2)
10位 大宮(7位)(勝ち点14/得失点1)
11位 FC東京(11位)(勝ち点13/得失点-3)
12位 仙台(12位)(勝ち点13/得失点-4)
13位 甲府(15位)(勝ち点12/得失点-6)
14位 新潟(14位)(勝ち点9/得失点-2)
15位 磐田(13位)(勝ち点8/得失点-6)
16位 福岡(18位)(勝ち点5/得失点-10)
17位 湘南(17位)(勝ち点3/得失点-14)
18位 名古屋(16位)(勝ち点3/得失点-15)

■J1 2nd第11節対戦カード
▼9月10日開催
仙台 vs 横浜FM
磐田 vs 神戸
浦和vs 鳥栖
柏 vs 鹿島
FC東京 vs 湘南
川崎 vs 福岡
新潟 vs 名古屋
G大阪 vs 甲府
広島 vs 大宮

SOCCER KING

最終更新:8/28(日) 0:54

SOCCER KING

なぜ今? 首相主導の働き方改革