ここから本文です

ポルトガルの“10番”がインテルへ! スポルティング史上最高額での移籍決定

SOCCER KING 8/28(日) 19:47配信

 スポルティングは27日、ポルトガル代表MFジョアン・マリオが日本代表DF長友佑都のインテルへ移籍すると発表した。

 J・マリオについては移籍先のインテルが26日、クラブ公式ツイッターでミラノへ向かっていることを伝えていた。今回のスポルティングの発表によると、同選手の移籍金は4500万ユーロ(約51億3000万円)で、同クラブ史上最高額を更新。ポルトガルリーグ全体でも、2013年夏にポルトからモナコへ移籍したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(現レアル・マドリード)に次ぐ高値での取引となったようだ。

 J・マリオは1993年生まれの23歳。スポルティングの下部組織出身で、トップチーム昇格後はヴィトーリア・セトゥーバルへのレンタル移籍も経験した。昨シーズンは45試合出場7ゴール12アシストを記録。ポルトガル代表では「10」番を背負っており、ユーロ2016でも6試合に先発出場して優勝に貢献した。

SOCCER KING

最終更新:8/28(日) 19:47

SOCCER KING