ここから本文です

[プレミアリーグWEST]積み上げたもの証明した大津、ホームでG大阪ユースに3-0雪辱!!

ゲキサカ 8/28(日) 8:36配信

[8.27 高円宮杯プレミアリーグWEST第10節 大津高 3-0 G大阪ユース 大津町運動公園競技場]

 まさに完勝だった。後期開幕戦となった高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグWEST第9節。熊本県・大津町運動公園競技場で行われた大津高(熊本)とガンバ大阪ユース(大阪)との試合は、当事者も予想していなかった一方的な展開となり、3-0で大津が圧勝。暫定ながら降格圏を抜け出す、貴重な勝ち点3を獲得することとなった。

「とにかく、まず立ち上がりだと思っていた」と振り返ったのは、大津MF田中匠。4月の前期開幕戦でG大阪と対峙したときは、まさに立ち上がりで崩れてしまった。その反省を踏まえて、まずは序盤の入りに注力。いきなりチーム全体でアクセルを踏み込んで、G大阪に襲いかかった。

 この狙いは奏功した。「相手の出足の鋭さを前にして、受けに回ってしまった」とG大阪・宮本恒靖監督が振り返ったように、開始8分と10分にいきなり決定機が生まれるなど序盤から大津ペース。そして16分にはFW藤山雄生が高い位置でボールを奪うと、そこから田中へ。「GKの動きが見えていたので」という冷静さのあった10番のシュートがゴールネットを揺らし、試合は動き出した。

 この後も試合の流れは変わらない。大津は引いて守るのではなく、コンパクトな布陣を維持しながらのプレッシングでG大阪のパスワークを寸断。「前から来られる中で、後ろからのビルドアップができなくなっていた」(宮本監督)。G大阪の選手が個人技で剥がしに行っても、個々の選手が食らい付くように対応し、自由を与えない。特に中盤中央を担った中野夏輝と石坂竜哉の守備強度はホンモノで、G大阪が得意とするバイタルエリアからの崩しをほとんど出させなかった。39分にはMF杉山直宏が自らの突破で得たPKを決めて、2-0。「自分が勝負を決めてやろうと思っていた」と言う復調のエースが決めて勢いも生まれた。

 ハーフタイムのG大阪ベンチで宮本監督から厳しい声が飛んだのも無理はない。「まず走れということ。運動量で完全に負けていた」(宮本監督)。攻めるしかない中で、G大阪は布陣を4-4-2に変更。前線のターゲットを2枚に増やして狙いを切り替えた。これに対し、「自分たちのペースだった」(杉山)大津の課題は、そのテンションと強度を維持すること。山城朋大コーチは「どこかでゆるめばすぐにやられる。そういう試合だった」と振り返るが、この点に関しては夕方から急に涼しくなった気候も大津に味方した。

 後半は「最後まで走るしかない」(中野)というテーマを完遂。圧力を強めてきた相手に対して1年生DF福島隼斗を含めた守備陣も踏ん張ると、19分には攻撃陣が応える。藤山が石坂のハイクロスに頭で合わせて待望の追加点を奪い、この1点でほぼ勝負は決まった。その後も速攻から幾度もチャンスを作った大津が逃げ切り、3-0で試合は終幕。「これぞホーム&アウェー方式の醍醐味」と平岡和徳総監督が振り返ったように、ビビって敗れたアウェー戦から、勇気を貫いたホーム戦へ。ガラリと変わった内容は、この期間に大津イレブンが積み上げたものを証明する、そんな試合となった。

[写真]前半16分、大津MF田中が先制ゴール

(取材・文 川端暁彦)

最終更新:8/28(日) 9:24

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。