ここから本文です

ペップ、ブラーボの欠場を明言…ハートについても言及

ゲキサカ 8月28日(日)17時53分配信

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、加入したばかりのGKクラウディオ・ブラーボが、28日にプレミアリーグ第2節ウエスト・ハムを欠場すると明言した。クラブ公式サイトが伝えている。

 シティは今月25日にバルセロナからGKクラウディオ・ブラーボを完全移籍で獲得した。グアルディオラ監督は、「クラウディオは、フィットしているが、週末の試合ではプレーしない」とウエスト・ハム戦で起用しない考えを明らかにした上で、「スペインと代表戦で、多くの経験をしてきたゴールキーパーだ。チリ代表でのプレーは、重要な試合において、特別なものを作り出していた。ビルドアップのプレーに優れ、必要であれば、素早く前に出てセーブをすることができる。私たちにとって、とても良い選手だ」と高く評価した。

 また、今季からシティを率いるグアルディオラ監督は、ゴールキーパーにも足もとの高い技術を要求している。長年シティの正守護神として活躍したイングランド代表GKジョー・ハートは今季の公式戦開幕から3試合連続ベンチ入りも出番なし。突破が濃厚となっていたチャンピオンズリーグのプレーオフ第2戦ステアウア戦で今季初先発したが、ブラーボの加入により、移籍が噂は加速している。

 グアルディオラ監督はハートら移籍が噂される選手について、「彼にとってベストな選択をして、彼がベストな選択ができるように、クラブは手伝いをする。もし彼が残留するのであれば、他の選手と同じように扱う。フェアでいる。ジョーは、まだシティ選手だ。それ以外にないよ。彼が残留する場合、他のGKと同じ扱いを受ける。ウィリー(カバジェロ)、アンガス(ガン)とジョーが全員シティに留まる場合、彼らと私たちにとっても、一番良い解決方法を見つける」と言及した。

最終更新:8月28日(日)17時53分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。