ここから本文です

J.J.エイブラムス総指揮の海外ドラマ『ウエストワールド』が日本初放送

ぴあ映画生活 8月29日(月)13時14分配信

J.J.エイブラムスが製作総指揮を、『インターステラー』の脚本を手がけたジョナサン・ノーランが脚本と監督を務める海外ドラマ『ウエストワールド』が10月13日(木)からスターチャンネルで独占放送されることが決定した。

その他の情報

本作は、1973年の映画『ウエストワールド』からインスパイアされて誕生した作品。映画では、西部劇の世界を再現した“ウエストワールド”でロボットが反乱を起こすドラマが描かれたが、ドラマでどのような物語が描かれるかはいまだに明らかになっていない。

オスカー俳優アンソニー・ホプキンスや、エド・ハリス、ジェームズ・マースデンら豪華キャストがレギュラー出演者として登場しており、ドラマファンだけでなく、映画ファンからも注目を集めそうだ。

『ウエストワールド』
10月13日(木)より スターチャンネルにて独占日本初放送

最終更新:8月29日(月)13時14分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。