ここから本文です

“世界で最も稼いだ男優”ランキング発表!

cinemacafe.net 8月29日(月)12時40分配信

ドウェイン・ジョンソンが世界で最も稼いだ男優ランキング1位に輝いた。

「Forbes」誌が毎年発表するこのランキングでドウェインは、2015年6月から2016年6月の間に6,450万ドル(約65億円)という昨年度の2倍におよぶ額を稼ぎ出し、昨年の11位というランクから1位に躍り出た。

【写真】ドウェイン・ジョンソンほかランクイン俳優たち

『カリフォルニア・ダウン』、HBOシリーズ「Ballers/ボウラーズ」、『ワイルド・スピード』シリーズなどの出演料、さらには『ワイルド・スピード』第8弾と『BAYWATCH』(原題)の出演料前払い金がドウェインを1位にのし上げたと見られている。

ドウェインはこの結果を受けて自身のツイッターで「これについて2つ言いたいことがあるんだ。僕は7ドル(約700円)の給料から仕事をスタートしたんだ。そんな僕がこのように制覇することができるのなら、君にもできるってことだよ」とコメントし、自身の軌跡が人々に希望を与えることを願っているとファンに伝えた。

中国映画で活躍するジャッキー・チェンが6,100万ドル(約61億円)で今年も2位につけ、『オデッセイ』のマット・デイモンが5,500万ドル(約55億円)で3位となった。

続いて5,300万ドル(約53億円)でトム・クルーズが4位、4,800万ドル(約48億円)でジョニー・デップが5位に入っている。

6位には4,300万ドル(約43億円)でベン・アフレック、7位にはベンに800万ドル(約8億円)の差となる3,500万ドル(約35億円)でヴィン・ディーゼルがランクインした。

昨年まで3年連続でトップに立っていたロバート・ダウニー・Jrが今年は3,300万ドル(約33億円)で8位までランクを下げ、ボリウッドスターのシャー・ルク・カーンと同位となった。

10位にはこちらもボリウッドスターのアクシャイ・クーマーが3,150万ドル(約31億5,000万円)でランク入りした。

先日同誌は世界で最も稼いだ女優ランキングを発表しているが、4,600万ドル(約46億円)でトップを飾ったジェニファー・ローレンスの結果は高所得男優ランキングの5位以下となっており、男女格差を見ることができる。

さらに男優の同ランキングを見ると18人の男優が2,000万ドル(約20億)以上を稼いでいるのに対し、女優はわずか4人のみであった。

「Forbes」誌発表 2016年度世界で最も稼いだ男優ランキング
1.ドウェイン・ジョンソン 6,450万ドル(約65億円) 
2.ジャッキー・チェン 6,100万ドル(約61億円)
3.マット・デイモン 5,500万ドル(約55億円)
4.トム・クルーズ 5,300万ドル(約53億円)
5.ジョニー・デップ 4,800万ドル(約48億円)
6.ベン・アフレック 4,300万ドル(約43億円)
7.ヴィン・ディーゼル 3,500万ドル(約35億円)
8.シャー・ルク・カーン 3,300万ドル(約33億円)
8.ロバート・ダウニー・Jr 3,300万ドル(約33億円)
10.アクシャイ・クマール 3,150万ドル(約31億5,000万円)

(C) BANG Media International

最終更新:8月29日(月)12時40分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。