ここから本文です

台風影響 高波備え網代漁港、船の陸揚げ作業

伊豆新聞 8月29日(月)12時28分配信

 大型で強い台風10号は28日、日本の南の海上を北東に進んだ。静岡地方気象台によると伊豆地域は29日から風が強まり、30日にかけて大雨、強風、高波になる恐れがあるという。午後3時現在、台風の中心気圧は940ヘクトパスカルで、中心付近の瞬間風速は45メートルとなっている。

【前回の台風9号】残した爪痕 伊豆地区で猛烈な風雨

 熱海市網代の網代漁港では28日朝から漁師らが漁船の陸揚げ作業を行い、船体をロープで固定し、台風に備えた。遊漁船「栄造丸」の塩谷浩一さん(78)は「北東に進む台風の時、この辺りは高波になる。前回(台風9号)は陸揚げしなかったが、10号は非常に強いので対策した。被害がないことを祈る」と話した。

 【写説】船体をロープで固定する塩谷さん=網代漁港

最終更新:8月29日(月)12時28分

伊豆新聞