ここから本文です

イケメンを演じた白石隼也「本番はキャーッて言ってくれるけど…」現実にうなだれる

cinemacafe.net 8月29日(月)12時50分配信

累計500万部を発行した大ヒット漫画をドラマ化した「グッドモーニング・コール」の地上波放送決定記念イベントが8月29日(月)、お台場みんなの夢大陸 みんなのオマツリランドにて行われ、出演する福原遥、白石隼也、桜田通が登壇し招待客をわかせた。プライベートで告白するならと聞かれた白石さんは、「さらっと言うとかできないので、結局朝からそわそわしながらレストランとか予約しちゃって、告白するかもしれないですね。できないで終わることも多いにありますね」と、クールな表情を崩して微笑んだ。

【画像】「グッドモーニング・コール」出演の白石隼也

「グッドモーニング・コール」は1997年~2002年まで少女漫画雑誌「りぼん」で連載され人気を博したラブコメディ。中学卒業までの残り約半年を、なぜかイケメン男子と同居することになったヒロイン・吉川菜緒(福原さん)の共同生活や恋もようを描き出す。

菜緒が恋をするイケメンで秀才、そして一緒に住むことになる上原久志役の白石さんは、「非の打ちどころのない役で。僕も割とモテてきましたけど…」と切り出すも、観客のリアクションが薄いことから「ウケていないのでやめます(笑)」と、やや心が折れた様子を見せた。そんな白石さんの恋敵となる桜田さんは、唯一ドラマ版オリジナルキャラクターでヒロインの幼馴染み、篠崎大地役。福原さんは、「実際に幼馴染みがいたら、いいと思います。幼馴染みっていいですよね」と言うと、桜田さんも「分かります。僕もいないんです」と同調。その様子を見ていた白石さんは、「幼馴染みはいます。でも恋はしたことないですね。ずっと兄弟みたいな感じですね」と明かし、それでも2人に「いいなあ」と羨ましがられていた。

イベントでは、名シーンを3人とふり返るため劇中映像も多数流れた。中でも、上原が登場する際に、自動的に道がひらき周りに女子が集まってキャーキャー言うシーンが流れると、演じた白石さんは思わず苦笑い。撮影時をふり返って、「どんなドラマになるんだ、と思いました。エキストラの女性が100人くらいいて。本番はキャーッて言ってくれるんですけど、カットがかかった瞬間に素に戻るんです。それが一番悲しくて…」と、うなだれていた。

「グッドモーニング・コール」は10月12日(水)よりフジテレビ系にて放送。

最終更新:8月29日(月)12時50分

cinemacafe.net