ここから本文です

【シンガポール】サービス業売上高指数、4~6月は0.4%上昇

NNA 8月29日(月)8時30分配信

 シンガポールの統計局が26日発表した2016年4~6月期のサービス業売上高指数(卸売り・小売り、ホテル、外食サービスを除く、14年=100、速報値)は101.9となり、前年同期から0.4%上昇した。前期(0.3%上昇、確定値)から、伸びがやや加速している。
 統計局は1万1,000社以上を対象に調査を実施。前年同期比では、全7業種中4業種でプラスとなった。最も伸びが大きいのは医療・社会福祉で、7.7%上昇。前期(5.3%上昇)からプラス幅が拡大した。教育と情報・通信、金融・保険はそれぞれ5.0%、1.4%、0.4%伸びた。
 一方、運輸・倉庫は2.2%下落。3四半期連続でマイナスが続いている。娯楽・個人サービスとビジネスサービスもそれぞれ1.6%、0.3%下落した。
 前期比では全体で1.1%上昇。7業種中5業種がプラスを記録した。娯楽・個人サービス(4.9%上昇)、ビジネスサービス(3.7%上昇)、情報・通信(1.0%上昇)、運輸・倉庫(0.4%上昇)がいずれも前期のマイナスからプラスに転じた。一方、教育は8.2%下落と、前期の6.0%上昇からマイナスに転落。金融・保険は0.3%落ち込み、2四半期連続でマイナスとなった。

最終更新:8月29日(月)8時30分

NNA