ここから本文です

「一番いいメダルを」 車いす陸上の上与那原選手出発

琉球新報 8月29日(月)5時0分配信

 リオデジャネイロパラリンピックに出場する車いす陸上の上与那原寛和選手(45)=沖縄市=は28日午前、沖縄を出発した。29日に東京から出国し、米ニューヨークでの代表合宿に参加する。上与那原さんは100、400、1500メートル(いずれもT52)に出場する。リオでの最初のレースは9日午後0時45分予定(日本時間10日午前0時45分)の100メートル予選。


 那覇空港には家族や後援会、車いす陸上の競技仲間らが訪れ、上与那原さんを見送った。

 上与那原さんは「やるべきことはやってきた。(調子を)マックスの状態で本番に臨めるよう調整したい。走ってみないと分からないが、一番いい色のメダルを持って帰りたい」と意欲を見せた。

 次男の寛南さん(18)は「お父さんはすごい。尊敬している。いつも通り頑張って」とエールを送った。妻のみさおさん(43)は「メダルが期待されているが、パラリンピックに出られるだけですごい。自分の走りができたら、それだけでいい」と語った。

琉球新報社

最終更新:8月29日(月)10時30分

琉球新報