ここから本文です

【2016WASJ】M・デムーロ圧倒V 高知の永森大が健闘3位

東スポWeb 8月29日(月)10時25分配信

 27、28日の2日間にわたって札幌競馬場で行われた「2016ワールドオールスタージョッキーズ」(WASJ=1人4戦騎乗)は、5→1→1→5着の成績を収めたミルコ・デムーロが合計80ポイントで個人優勝を飾った。2位は昨年に続いて武豊。3位は地方・高知の永森大智となった。

 賞金300万円と金メダル及びトロフィーを手にしたM・デムーロは「ボクはいつもツイてないけど、いい馬に乗れて2回勝てたし、すごくうれしい。ユタカさんが怖かったけど、負けないように乗った」と満面の笑み。賞金は母国イタリアの地震災害の義援金として寄付した。

 一方、準Vの武豊(2→2→2→11着)は「昨年に続き1勝もせずに2位。複雑な心境です(笑い)」と観客を沸かせた後、「海外からいいジョッキーが来てくれて乗りがいのある2日間でした」とシリーズを振り返った。

 3位は高知所属の永森大(7→11→5→1着)。「昨日が全然ダメだったのでビックリ。タイトなレースばかりで難しかったが、同じ高知の赤岡修次さん(2007年3位タイ)に負けないように頑張りました」と胸を張った。

 なお、チーム対抗戦は「JRA選抜」が37ポイント差で「WAS選抜」を上回り、昨年に続いて勝利した。

最終更新:8月29日(月)10時37分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]