ここから本文です

バックストリート・ボーイズの生みの親、獄中死

映画.com 8月29日(月)10時0分配信

 [映画.com ニュース] 1990年代に活躍した「バックストリート・ボーイズ」や「イン・シンク」など、米アイドルグループの生みの親として知られるルー・パールマン氏が獄中で死去したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

 パールマン氏は、80年代に成功を収めたアイドルグループ「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック」の成功に刺激を受け、トランス・コンチネンタル・レコーズを設立。無名の5人の若者を集め、バックストリート・ボーイズを結成し、人気アイドルへと成長させた。

 その後、同様の手法でジャスティン・ティンバーレイクら5人の若者を集めイン・シンクを結成。これも大成功を収めたが、その後、手掛けたほぼ全てのグループから詐欺で訴えられ敗訴。2008年には資金洗浄やネズミ講、偽証罪などで最長25年の懲役刑を言い渡されている。

 パールマン氏は、マイアミにある刑務所で服役中に死去。死因は不明。62歳だった。このニュースに、イン・シンクの元メンバーのランス・バスは「彼は信頼のおけるビジネスマンとは言えなかったかもしれないが、彼の影響なしには好きな仕事をすることができなかった」とTwitterでコメント。同じく元イン・シンクのティンバーレイクも、追悼コメントをツイートしている。

最終更新:8月29日(月)10時0分

映画.com