ここから本文です

台湾・エバー航空、「最も好きなエアライン」で世界3位…日本勢より上位

中央社フォーカス台湾 8月29日(月)15時20分配信

(台北 29日 中央社)英国の航空サービス格付け会社スカイトラックスが今月8日に発表した「最も好きなエアライン」ランキングで、エバー(長栄)航空が世界3位に輝いたことが分かった。エバー航空は、今後も引き続き安全とサービス向上に努力したいとしている。

格付けの対象となったのは世界の航空会社420社。座席の快適さや機内サービス、食事、娯楽設備、空港サービス、コストパフォーマンスなどの面でそれぞれ評価が下された。

1位はガルーダ・インドネシア航空、2位はアシアナ航空(韓国)だった。上位10社のうち、アジアの航空会社は9社を占めた。チャイナエアライン(中華航空)は29位。日本勢は9位の全日空が最高位で、日本航空が11位となった。

(陳葦庭/編集:齊藤啓介)

最終更新:8月29日(月)15時20分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。