ここから本文です

「秋の七草」風に揺れる 植物園でオミナエシ開花

伊豆新聞 8月29日(月)13時17分配信

 南伊豆町伊浜の天神原植物園(沼田進さん経営)で、秋の七草の一つオミナエシが開花している。黄色く小さな花が風に揺れている。

【花特集】青い海とのコントラストなど四季折々の色彩

 旧盆から咲き始めた。今年は8月に雨が少なかったため、本数はやや減少気味。9月半ばにかけて見頃を迎える。

 約1万平方メートルの敷地を誇る同園は、山野草が自然な状態で育っている。園内には赤い楕円(だえん)形の穂を付けるワレモコウが咲いているほか、10月に掛けて秋の七草のフジバカマが開花する。

 開園は午前10時~午後3時。不定休。入園料は大人500円で小学生以下無料。問い合わせは同園〈電0558(64)8178〉へ。

 【写説】黄色い花を咲かせ始めた秋の七草のオミナエシ=南伊豆町伊浜の天神原植物園

最終更新:8月29日(月)13時17分

伊豆新聞