ここから本文です

ヴィンス・ステイプルズが、エイサップ・ロッキー、ジェイムス・ブレイクら参加のEPを発売

bmr.jp 8月29日(月)23時0分配信

ヴィンス・ステイプルズが、エイサップ・ロッキー、ジェイムス・ブレイクら参加のEPを発売

ヴィンス・ステイプルズが、エイサップ・ロッキー、ジェイムス・ブレイクら参加のEPを発売

23歳の若手ラッパーで、昨年6月に発表したメジャー・デビュー作『Summertime '06』が高く評価されたヴィンス・ステイプルズが、7曲入りのEP『Prima Donna』をリリースした。

カリフォルニア州ロングビーチ出身のヴィンス・ステイプルズは、2013年、マック・ミラーが全面プロデュースし、スクールボーイ・Q、アブ・ソウルらも参加したミックステープ『Stolen Youth』などで注目を集め、同年には、コモンやジェイ・Zらの数々の名曲を生んだベテラン・プロデューサー、ノーI.D.にその才能を認められ、ノーI.D.がDef Jam Recordings傘下に設立したARTiumとのメジャー契約を獲得。翌年には、米ヒップホップ誌XXLが毎年「今後の飛躍が期待される新人」を選出する「XXL Freshmen Class」のひとりに選出され、また、ノーI.D.が大半を手がけ、全20曲2枚組となる『Summertime '06』でアルバム・デビューを飾った。商業的にはあまりふるわなかったが、Pitchforkの年間ベスト4位、Stereogumの年間ベスト4位に選出されるなど、その内容は高く評価された。

彼のことを「お気に入りのラッパー」と呼ぶ英人気シンガー/プロデューサー、ジェイムス・ブレイクは、6月に行われた英大型音楽フェスティバル〈Glastonbury Festival〉のステージに呼び、共演も果たしたが、ヴィンス・ステイプルズが、ジェイムス・ブレイクも制作に迎えた、およそ1年ぶりの新作を完成。7曲入りのEP『Prima Donna』として、8月26日に配信リリースした。

ジェイムス・ブレイクは、アウトキャスト“ATLiens”をサンプリングした“War Ready”のほか、“Big Time”の2曲をプロデュース。また、『Summertime '06』同様にノーI.D.、DJダーヒらが制作に携わっている。またゲスト・アーティストには、共にツアーも行ったエイサップ・ロッキーに加え、ユニクロのモデルを務めるなど多彩な活躍を見せる女性アーティスト、キーロ・キッシュが参加している。

このEP『Prima Donna』は、デジタル・リリースのほかに、公式ストアでは限定5000枚、本人の直筆サイン入りでナンバリング仕様のレコードを発売している。またこのEPに合わせて、EPの楽曲を使った、およそ10分ほどのショートフィルムを公開予定とのこと。

1. Let It Shine
2. War Ready
3. Smile
4. Loco (feat. Kilo Kish)
5. Prima Donna (feat. A$AP Rocky)
6. Pimp Hand
7. Big Time

最終更新:8月29日(月)23時0分

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。