ここから本文です

石川遼、シャフトを10グラム軽く 体に配慮し立て直し

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月29日(月)16時56分配信

日時:2016年8月25日(木)~28日(日)
開催コース:芥屋ゴルフ倶楽部(福岡県)
優勝者:石川遼

【画像】筋トレで体重も3キロ増!たくましくなった石川遼

腰痛を理由に2月から米国ツアーを離脱中の石川遼が、国内ツアーの復帰2戦目で今季初優勝を飾った。復帰初戦の7月「日本プロ」では通算12オーバーで予選落ちに終わったが、この1カ月半の間に立て直すことに成功し、自身2回目の初日から首位を守る完全優勝を成し遂げた。「日本プロ」のクラブセッティングと比較すると、体への負担を減らす狙いが見える変更点も目立った。

1Wのシャフトは、グラファイトデザイン社製で70g台の『ツアーAD DI-7 X』から、60g台の『ツアーAD TP-6 X』に差し替え、アイアンのシャフトも前使用モデルより硬さを抑えた『N.S.PRO MODUS システム3プラス プロトタイプ』を初投入。なお、前回優勝の昨年12月「ゴルフ日本シリーズJTカップ」では1Wに90g台のシャフトを挿していた。

<最終日のコメント>
「ショットは乱れたところもあったけれど、1つの核となるもの、自分の中で軸にしているリズムを最後まで保つことができた。ショットで1度崩れても戻せたのは、そこができていたからだと思う。アプローチとパットが悪くても勝てなかったと思うし、全体的に練習のときと近い感じでプレーを進めることができた」

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:キャロウェイゴルフ XR16 SUB ZERO ドライバー(ロフト9.5度、日本未発売)
※シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD TP-6 X(45.5インチ)
フェアウェイウッド:キャロウェイゴルフ XR フェアウェイウッド(3番+)、ビッグバーサ アルファ 816 フェアウェイウッド (5番18度)
アイアン:キャロウェイゴルフ X FORGED アイアン (3番~PW)
ウェッジ:キャロウェイゴルフ X FORGEDウェッジ ニュー・ビンテージ (50度)、キャロウェイゴルフ MACK DADDY 2 ツアーグラインド ウェッジ (58度)
パター:オデッセイ プロトタイプ #9 パター
ボール:キャロウェイゴルフ クロムツアー ボール

最終更新:8月30日(火)2時33分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)