ここから本文です

1型9メガピクセル対応、焦点距離12mmの広角FAレンズを発売

MONOist 8月29日(月)7時55分配信

 リコーインダストリアルソリューションズは、画像処理用手動絞りレンズ「RICOH FL」シリーズに焦点距離12mmの「FL-BC1220-9M」を追加し、2016年8月8日に発売した。

【その他の画像】

 FL-BC1220-9Mは、シリーズ中で最も画角が広く、周辺部まで高い解像力を有しているため、多くの対象物を検査したり、広い範囲を詳細に検査するのに適している。用途として、高密度なプリント基板の実装状態のチェック、対角600mm程度の金属板金のヘアライン状態の確認、シート状フィルムの微細キズの検知、液晶モニターの画素抜けチェックなどを想定しているという。

 400万/600万/900万画素対応で、画面サイズは1型、最大口径比は1:2.0だ。9メガピクセルと高解像度ながらも外径42mmとコンパクト。そのため、各種装置への組み込みの自由度が高まっている。

最終更新:8月29日(月)7時55分

MONOist