ここから本文です

さんま、SMAP解散発言のヒンシュク 「木村派」宣言に「がっかり」

J-CASTニュース 8月29日(月)18時35分配信

 「ガッカリです」「喋れば喋るほどメンバーの印象が悪くなる」――。SMAP解散問題について言及した明石家さんまさんがファンの間でヒンシュクを買っている。

 発言があったのは、2016年8月27日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)。宮迫博之さんから解散の話を振られると「俺は何も知らないよ」とシラを切ったが、次第に「俺は木村派」「ゴーサインが出たら言う」などとブッチャケ発言を連発したのだ。

■「(記事どおりで)ほぼ間違いない」

 宮迫さんから「中居(正広)派かキムタク(木村拓哉)派か、どっちなんですか?」と尋ねられると、さんまさんは苦笑しながらも「派閥でいくと、もうはっきり言うわ。俺、木村派や」と明言。「俺、両者とも見ているし、中居も知ってる。(自分が)木村派やと。そして毎週あの2人はこれ(同番組)を見てる」と笑った。

 また、冒頭で「何も知らない」と主張していた解散の背景についても語り始め、

  「いつになったら言えるかわからんけど、ゴーサインが出たら言う。今日はまだジャニーさん(事務所社長)にもメリーさん(副社長)にも承諾得てないからあかんやろうな」

と何か真相を知っていることをうかがわせた。さらに「お前らの想像通りやって、ほんまに」と話し、「記事通りってことですか?」との質問には「ほぼ間違いないと思うよ」と答えた。

 さんまさんといえば、1995年スタートの年末特番「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」(日本テレビ系)でSMAPと長年共演している。木村さんとは正月恒例の「さんタク」でも共演しており、プライベートでも親交が深いことで知られる。

 一方、中居さんとも毎夏恒例「27時間テレビ」(フジテレビ系)内の人気コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」で共演。今夏(7月23日)の放送では中居さんの前で「俺は木村派でもなんでもない。SMAP派」と主張していたばかりだった。

1/2ページ

最終更新:8月29日(月)23時8分

J-CASTニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。