ここから本文です

<宮川大輔&藤森慎吾>「ミュータント・タートルズ」最新作で吹き替え声優 4兄弟を芸人置き換え…

まんたんウェブ 8/29(月) 14:19配信

 忍者のカメ4兄弟が活躍する「ミュータント・タートルズ」のシリーズ第2作となる映画「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」(デイブ・グリーン監督)が全国で公開中だ。化学物質で人間のような姿に変えられたカメの忍者グループが、脱獄した宿敵シュレッダーの企みを阻止するため立ち上がるが、異次元から悪の帝王クランゲが襲来し大ピンチを迎えるというストーリー。シュレッダーの脱獄を手助けする子分のビーバップ&ロックステディの日本語吹き替えを担当したお笑い芸人の宮川大輔さんとお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さんに聞いた。

【写真特集】カッコいいコスプレ姿の宮川大輔と藤森慎吾

 ◇シリーズファンということで共にオファーを快諾

 共にタートルズのファンだという2人は今作のオファーを聞き、宮川さんは「声の吹き替えというのが初めてだったのと、関西弁というのも気になっていて、大丈夫なんかなと思ったところはありました」と振り返り、藤森さんも「関西弁で、宮川さんの感じでお願いしますということだったので、(安心して)やらせていただきますと。フィギュアとか買ったりして昔からこのキャラが好きだったので、携わらせてもらってすごく光栄です」と喜ぶ。

 さらに宮川さんが、「(タートルズの)シーツを買ったこともあって」と話すと、「シーツってだいたい無地だから、いまだにちょっと信じてないんですけど(笑い)」と藤森さんが指摘。宮川さんは「信じてないってなんやねん。無地はお前の家やろ(笑い)。うちは柄物多いし、本当に向こうで売っていて、ハワイのほうなんかな?」と実際にあったと主張する。

 半信半疑で聞いていた藤森さんだが、今回のオファーには「すぐに二つ返事でやらせてくださいと。もろ世代で小さいときから見ていた作品だったので本当にうれしかったです」と吹き替えへの出演を喜び、「僕のルーツをたどるとミケランジェロはいました」とうなずく。続けて、「小学生のときに見たミケランジェロのノリのよさ、チャラさが、どこか自分の中にしみついています(笑い)」と自身のキャラクターと重ね合わせる。

1/6ページ

最終更新:8/29(月) 14:24

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]