ここから本文です

【NFL】テキサンズひと安心、QBオスウィーラーが3戦目で本領発揮

NFL JAPAN 8月29日(月)13時12分配信

 ヒューストン・テキサンズは現地28日、プレシーズン第3週でアリゾナ・カーディナルスと対戦。ここまで今ひとつだったクォーターバック(QB)ブロック・オスウィーラーがようやく本領発揮し、34対24で勝利した。

 デンバー・ブロンコスの次期先発QBと目されていながらオフにテキサンズへ移籍したオスウィーラーは、ここまでのプレシーズン2試合がパッとしない内容。だがこの日はパス13回中11回成功、146ヤード、1TDと安定感抜群で、ドラフト1巡指名ワイドレシーバー(WR)ウィル・フラーへ26ヤードTDパスを通してみせた。

 そのフラーはレシーブ3回、67ヤード、1TD。エースWRデアンドレ・ホプキンスはレシーブ2回、31ヤードだった。一方で期待の新戦力ランニングバック(RB)ラマー・ミラーは1TDランを決めるも、ラン4回、4ヤードと先週に続いて不発気味だった。

 カーディナルスはエースQBカーソン・パーマーがパス9回中5回成功、64ヤード、2INTと乱調。一方で2年目RBデイビッド・ジョンソンがラン6回、28ヤード、1TDをマークしている。

<ヒューストン・テキサンズ>

最終更新:8月29日(月)13時12分

NFL JAPAN