ここから本文です

米国の高性能計算クラウドサービスベンダーが日本法人を設立

MONOist 8月29日(月)9時55分配信

 米Rescaleは2016年8月17日、総額1400万ドルの資金調達を同年6月に実施したことを発表した。併せて、日本法人Rescale Japanを設立し、同年7月に東京オフィス(東京都千代田区大手町)を開設した。

 Rescaleは、高速な計算処理を行うHPC(High Performance Computing)クラウドサービスを提供している。今回の資金調達では、トランスリンク・キャピタルをリードインベスターとして、Jump Capital、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、マイクロソフト・ベンチャーズ、Two Roads Group、Data Collectiveが参加し、シリーズAラウンドで累計総額2000万ドル以上を調達した。これにより、グローバル展開を加速させ、大手企業でのHPCクラウドサービスの採用拡大を目指すという。

 また、同社のクラウドサービス・プラットフォームに対する日本での需要の高まりに応えるため、日本市場に精通したトランスリンク・キャピタルの共同創業者兼マネージング・ディレクターの大谷俊哉氏が取締役に加わる。

 日本では、2015年9月から伊藤忠テクノソリューションズがRescaleのHPCクラウドサービスを取り扱っている。今回、新たにRescale Japanを設立することで、サポートを強化し、日本市場に向けたサービス拡充を目指すとしている。

最終更新:8月29日(月)9時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]