ここから本文です

香川真司 UAEにリベンジだ!昨年の敗北忘れず志願の強行帰国

デイリースポーツ 8月29日(月)6時3分配信

 サッカー日本代表は28日、さいたま市内でW杯アジア最終予選に向けて合宿をスタートした。

 試合終了の笛を自ら鳴らしてしまったあの瞬間は、MF香川真司(ドルトムント)の中で忘れられない記憶として刻まれている。昨年1月のアジア杯準々決勝UAE戦。1-1でPK戦に突入したが、6人目の香川が外し、敗退が決まった。

 9月1日のUAE戦(埼玉スタジアム)は絶好のリベンジの場だ。27歳で迎えた3度目の決戦。「絶対に勝たないといけない。経験もしてきたし、責任を持ってこの最終予選に臨みたい」。自覚は早速行動に表れた。

 27日のドイツリーグでのマインツ戦後、「5分くらい」でスタジアムを出発。協会の拘束力はないが、志願して1日早く帰国した。「あの悔しさは思い浮かべる。時間は十分あるので、しっかり準備したい」。臨戦態勢は万全。今度は自らがチームを勝利に導く番だ。

最終更新:8月29日(月)7時6分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報