ここから本文です

(2016米大統領選)第3政党、支持伸ばす リバタリアン、本選影響も

朝日新聞デジタル 8月29日(月)7時30分配信 (有料記事)

 米大統領選で民主・共和両党候補の「非好感度」が5~6割超で高止まりする中、政府の役割の極小化を求める第3政党「リバタリアン党」が支持を伸ばしている。今後の伸び方次第では2大政党の票を奪い、11月8日の本選に影響を与える可能性がある。
 リバタリアン党の大統領候補、ゲーリー・ジョンソン元ニューメキシコ州知事(63)は24日、バーモント州バーリントン市で集会を開いた。同市は民主党候補クリントン氏を予備選で苦しめたサンダース上院議員が市長を務めたおひざ元。サンダース氏の敗退後、多くの支持者が本選での投票先に頭を悩ませてきた。……本文:1,550文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月29日(月)7時30分

朝日新聞デジタル