ここから本文です

名古屋の闘莉王 J2降格圏脱出へカツ「もっとピリッとさせる」

デイリースポーツ 8月29日(月)6時3分配信

 J1名古屋への復帰が決まった元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)が28日、愛知県豊田市で正式契約した。契約は今季終了までの5カ月間で、契約金は推定2000万円。背番号は昨季までと同じ4に決まった。

【写真】闘莉王に妻激怒 「相~当怒ってるね」

 会見した闘莉王は「勝つためには生ぬるい雰囲気じゃいけない。もっとピリッとさせる」と宣言。救世主としての期待を向けられると「僕はスーパーマンじゃない」と笑いつつも、強い決意を込めて言った。

 27日から練習に参加し、2日間でチームにまん延する緩い雰囲気を見抜いていた。「正直なところ、ピリッとしていない感じがある。どれだけ厳しい状況かを考えないと。この状況は一人一人の責任だし、それを感じているのか?」と率直な思いを吐き出した。

 チームはリーグ18戦勝ちなしで、第2ステージは3分け7敗の最下位。年間ではJ2降格圏の16位に低迷している。残留を争う14位新潟とのアウェー戦(9月10日)で復帰する見込み。「神様がくれた試練。前向きにぶつかっていく」。すべての苦難をはねのけて、闘将が奇跡を起こす。

最終更新:8月29日(月)10時20分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。