ここから本文です

【K-1】昆虫から虎になった小宮山工介「他の選手を喰う」

イーファイト 8/29(月) 18:46配信

 9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~』に出場するBLADE FC JAPAN CUP -61kgトーナメント王者&第3代RISEスーパーフェザー級王者・小宮山工介(北斗会館)が、8月29日(月)都内で公開練習を行った。

【フォト】小宮山のパンチをミットで受けるMMAファイターの高瀬大樹

 空手仕込みの多彩な蹴り技の印象が強い小宮山だが、今大会に向けて角海老宝石ボクシングジムやワタナベボクシングジムに出向き、ボクシングのトレーニングを行ってきたという。ミット打ちでは威力と鋭さに磨きがかかったパンチを披露。現在トレーニングを共にするMMA(総合格闘技)ファイターの高瀬大樹が持つミットに強打を叩き込み、ジム内に快音を響かせた。

 一回戦の相手はKO率70%を誇る強打者パウロ・テバウ(ブラジル)。今年4月のK-1初戦では、計量オーバーながらも、K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級(-60kg)王者・卜部弘嵩に勝利し、今大会の優勝候補ともみられている。「僕の中でも(テバウの)評価はかなり高いですね。彼に勝てればそのまま勢いよく決勝戦まで行って優勝出来ると思いますよ」と小宮山もテバウの実力を評価。そのうえで「彼はクセがいくつかあるので、そこを突いて僕のリズムに持っていけたら勝てると思います」と強豪撃破に自信を見せた。

 そんな小宮山は日頃、動物や昆虫から戦いのインスピレーションを得ているという独創的なファイターでもある。6月大会の前には、ツノゼミと呼ばれるカメムシ目の昆虫に凝っていると話し、その独特な形状を自身の構えの参考にするという秘策を明かしていたが、試合では1Rによもやのダウンを喫し、反撃及ばず判定負けとなってしまった。

「パンチもらっちゃいましたね(笑)。昆虫ではなかった…」と苦笑いの小宮山。「自分はやっぱり本能で戦うタイプなので、もっとアニマル的な生き物を意識した方がいいですね」と言う。前回の反省を生かし、小宮山が今回目を付けたのは”虎”。「やっぱり肉食ですよ。トーナメントなので、他の選手を喰う気持ちでいきたいですね」とその狙いを話す。

 そんな変化もあってか、試合に向けた意気込みを聞かれると、これまでのように「空手の技で華麗に美しくKOで勝つ」ことを目指すのではなく、今回は「もう、きれいにとかではなく、泥試合になっても、とにかく結果を出すことです」と、形にこだわらず貪欲に勝利を狙う闘争心をアピールした。

 昆虫から肉食動物へ変貌を遂げた小宮山が、トーナメント制覇に燃える。

最終更新:8/29(月) 18:46

イーファイト