ここから本文です

NMB48リクエストアワーセットリスト235 2016(30位~1位) 神戸ワールド記念ホールライブレポート

リアルライブ 8月29日(月)15時16分配信

 今年で4回目を迎えた『NMB48リクエストアワー』が、初日の25日に続き、27日の昼・夜と神戸ワールド記念ホールで開催された。今回のリクエスト対象曲は235曲あり、その235位から1位までの全順位を発表するこれまでにない発表方法となり、昼公演では60位~31位まで、夜公演では、30位~1位の発表となった。このたくさんの楽曲数の中から1位に輝くのはどの曲なのか? この日のオープニング曲となった30位は、山本彩・上西恵・岸野里香による『太宰治を読んだか?』が選ばれた。昼公演で岸野がNMB48の卒業発表した直後ということもあってか、ステージに1期生の3人が登場するやいなや、大きなどよめきが起きた。29位には山本のソロ曲『夢のdead body』、24位には1期生による『卒業旅行』、17位にまたまた山本のソロ曲『抱きしめたいけど』などがランクイン。さらに『なんでやねん、アイドル』や『ライダー』なども上位に食い込んできて、完全に山本彩を中心とした1期生の独壇場のリクアワになりつつあった。

 前日に行われた山本不在で行われたコンサートでは、次世代センター候補と呼ばれている若いメンバーたちが、こぞって山本に対して宣戦布告をしたばかりだったのだが、その勢いは見えてこない状況が続いてしまった。

 古参メンバーの貫禄を見せつけた形でリクアワの発表は続いていったが、上位の発表になると、若手メンバーを中心とした楽曲が多くランクインしているのだ。3位には白間美瑠や矢倉楓子を中心としたメンバーが参加してる『片想いよりも思い出を…』が選ばれた。続いて2位には根強い人気を持つ矢倉楓子がセンターの『冬将軍のリグレット』。本年度のリクアワの頂点に立ったのは、次世代エース候補の太田夢莉・薮下柊・渋谷凪咲・須藤凜々花・内木志の『虹の作り方』だった。数あるNMB48の名曲を抑えて1位を獲得した楽曲だが、NMB48の未来がギッチリと詰まっている。これで山本超えということでは、無いが、少しずつ背中の距離は縮まっていることを証明した瞬間でもあった。センターの太田は「こうして1位になれて私自身も喜びもありますけど、私でいいのかな? と思うこともありました。でもこのユニット曲は大成功だったと思います。全国の皆さんに大成功だったことを証明することもできました」と喜んだ。山本は「希望に満ち溢れた1位ですね。立派なユニット曲で、未来が明るいと思いました」と喜んだ。

 10月26日にソロアルバムを発売することが決定している山本だが、この日はソロアルバムに続き、山本の単独コンサートツアーの開催も発表された。11月2日のZepp Nagoyaを皮切りに、8日にZepp Tokyo、14日にZepp Sapporo、21・22日にZepp Nambaでの開催となった。山本は「まだアルバムもできていないのに、ソロツアーが決まりました。みんながこれからのNMB48のことを考えているのを見て、私も自分のことばかり考える訳にはいきませんけど、もちろんNMB48の活動で手を抜くこともありません。そこは皆さんと約束します。私自身もこうやって目標に一歩近づいたようにですね、私がグループで目標を追うことによって、このグループは夢を叶えられる場所なんだということを私は証明したいと思います。メンバーみんなも自分なんかはダメとか思わずに、やりたいと思ったことは素直に口に出して目指していって欲しいです。ソロツアーはメチャクチャ不安ですけど、精一杯ライブをやらせて頂きます」と意気込んだ。

 新たな山本のステップを目の当たりにしたセンター獲り宣言をしているメンバーたちだが、ここで一気に山本を倒すつもりで頑張って欲しいものだ。果たして絶対王者の山本超えはできるのだろうか? これからの活動に期待を持ちたいと思う。

取材/ブレーメン大島
(C)NMB48

最終更新:8月29日(月)15時16分

リアルライブ