ここから本文です

【特別映像】エミリア・クラーク、イケメン“オレ様男子”にも屈しない!? 『世界一キライなあなたに』

cinemacafe.net 8月29日(月)14時30分配信

「世界で最も美しい顔 2012」や「世界で最も魅力的な女性」にて1位に輝いているエミリア・クラークが主演する映画『世界一キライなあなたに』。この度、本作から本編映像がシネマカフェに到着した。

【画像】“世界で最も美しい顔”に選ばれたエミリア・クラーク

舞台はイギリスの田舎町。ルーことルイーザ・クラーク(エミリア・クラーク)は、お洒落をすることが大好きな26歳。失業した彼女が新たに得た職は、バイクの事故で車椅子生活を余儀なくされ、生きる希望を失ってしまった元青年実業家のウィル・トレイナー(サム・クラフリン)の介護兼話し相手。6か月という期間付きの仕事だった。最初はルーに冷たく当たるウィルだったが、ルーの明るさが、ウィルの頑な心を少しずつ溶かしていき、やがて2人は最愛の存在になっていく。しかしある日、ルーは知ってしまう。ウィルのある決断のことを…。

原作は、2012年にイギリス人作家ジョジョ・モイーズにより発表され、世界40か国以上で翻訳、850万部以上の大ベストセラーとなった恋愛小説の傑作「ミー・ビフォア・ユー 君と選んだ明日」(集英社文庫刊)。一生に一度の運命の恋。けれど彼の決めた“生きる時間”はわずか6か月だった――。

本作は、涙のあとに元気をくれる、そんな感動のラブストーリーだ。主人公・ルーを演じるのは、大人気テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で世界中の注目を集めたエミリア。ウィル役には、『あと1センチの恋』に出演したサム・クラフリンが好演している。

すでに公開されている全米では、公開6月3日~5日週末興行成績が『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2週目)を抜き、堂々の3位スタート。本作を鑑賞した人たちのSNSからは感動の声が続々と広がり、またエンタメ各誌でも「誰もが元気をもらえる、今年一番のラブストーリー!」(The Hollywood News)「絶対にティッシュを持って観るべき!」(Urban Cinefile)など絶賛のレビューも寄せられている。

このほど到着したのは、ある日ウィルが部屋に飾ってあった写真立てを落とし、その修理をしているルーに対する辛辣な2人の言い合いのシーン。ルーは壊れた写真立てを直しながら、「新品を買うなら一緒に街へ…」と問いかけるが、ウィルは「落としたのはワザとだ」「ババくさい服着てお茶でもいれてろ」と当たり、ひどい言葉を繰り出される。しかし、ルーはひるまず「あなたと居たいからじゃない、お金が必要だから」と反撃。太陽のように明るい彼女がぶつけてきた切実な本音に、思わず言葉を失い神妙な表情のウィル。出会うはずではなかった2人がお互いを知るにつれ、本音をぶつけ合い好ましく思い始める…。そんな瞬間を感じることができる映像となっている。


『世界一キライなあなたに』は10月1日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7ほか全国にて公開。

最終更新:8月29日(月)14時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。