ここから本文です

ブライアン・アダムス、5年ぶりのジャパン・ツアー〈Get Up Tour 2017〉を開催

CDジャーナル 8月29日(月)17時27分配信

 2010年のライヴ・アルバム『Bare Bones』や2014年のカヴァー・アルバム『Tracks of My Years』を挟み、『11』(2008)以来7年ぶりにリリースされた昨年のフル・アルバム『Get Up!』が好評を博しているカナダきってのシンガー・ソングライター / ミュージシャン、ブライアン・アダムス(Bryan Adams)が、2017年1月に来日決定。アルバムを携えてのジャパン・ツアー〈Get Up Tour 2017〉を開催します。

 初来日から30年目の2012年に行われた来日公演が成功を収めたブライアン・アダムス。以来5年ぶりとなる今回のツアーは、2017年1月23日(月)大阪市中央体育館、24日(火)東京・日本武道館の2公演。2016年9月17日(土)10:00よりチケットの一般販売がスタートします。詳しくはウドー音楽事務所のオフィシャル・サイト(udo.jp)にてご確認ください。

最終更新:8月29日(月)17時27分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。