ここから本文です

【キーンランドC】スプリント戦線に新星誕生!ブランボヌールがV

デイリースポーツ 8月29日(月)6時3分配信

 「キーンランドC・G3」(28日、札幌)

 スプリント戦線に新星が誕生した。リーディングジョッキー戸崎圭に導かれ、2番人気ブランボヌールが完勝。昨年の函館2歳S以来となる重賞2勝目を挙げた。2着は1番人気のシュウジ、3着には3番人気のレッツゴードンキが入った。

 日本のリーディングジョッキーが意地を見せた。モレイラのシュウジが快調に逃げまくる。勝てば騎乗機会8連勝のJRA新記録となったが、ブランボヌールの戸崎圭がこん身の騎乗でゴール寸前、伝説誕生を阻止してみせた。3角過ぎから徐々に促し直線は外へ。激しく手綱をしごき、右ステッキを計7発。測ったようにかわし切った。

 「初めて乗せていただいたが、レース映像を見てセンスがよく、コースも合う印象を受けた。リズムを崩さないよう心掛け、いい位置で流れに乗れましたね。終始、手応えが良く直線は伸びてくれると思った」

 イメージ通りの競馬で勝利につなげた鞍上は、ストレートに喜びを表現する。これで夏のローカル開催ではラジオNIKKEI賞、七夕賞、レパードS、関屋記念に続く重賞5勝目だ。サマージョッキーズシリーズでもM・デムーロを抜いて首位に躍り出た。

 ブランボヌールは栗東でほぼ仕上げて先週末に札幌へ。休養前に418キロまで減った体は20キロ増えていた。中竹師は「ひと夏越してキ甲が抜けて体も成長。ジョッキーがうまく乗ってくれたし、外枠も良かった」と成長ぶりに目を細めた。

 昨年は新馬戦-函館2歳Sを連勝。芝1200メートルで3戦3勝だから、もはや適性は明らかだ。次はスプリンターズS(10月2日・中山)へ直行。スプリント路線に、大きな可能性を感じさせる新星が誕生した。

最終更新:8月29日(月)7時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]